自宅での布団洗濯は難しい

今では日本人の約1/3が何かしらのアレルギー症状で悩んでいるといわれています。

 

その中でも、近年では「国民病」とも言われている花粉症やアトピー性皮膚炎、気管支ぜんそくなどが特に発生人口が多いとされるアレルギー症状です。

 

これは主に衣類、布団、カーペット、ぬいぐるみなどから出る花粉や塵、埃、ダニ(死がいも)などを吸い込むことが原因とされています。衣類やぬいぐるみなど小さいものは自宅で洗濯できるものの、布団はどうしても自宅での洗濯は難しいです。

布団のクリーニング

そこで数年前から話題になっている布団のクリーニング。人間は寝ている最中に、毎日コップ一杯の汗をかくと言われています。また山ほど潜んでいるダニやダニの死がいは、ただ布団を日干ししただけでは完全に排除できないのです。

 

そこで効果があるとされているのが布団のクリーニングです。

 

丸洗いする事で、布団全体に潜んでいる生きたダニだけでなく、ダニの餌となりうるフケや汚れなども洗い落とし、最後に高温乾燥する事で殺菌効果もあるのです。

布団クリーニングのデメリット

しかし布団のクリーニングはメリットだけではありません。クリーニング業者によっては、ペットのおしっこや子供の吐物などの特別な汚れがあるのも関わらず、大量の布団と共に一気に洗濯してしまうというところもあるそうです。

 

そのため事前に、洗浄の工程などをよく確認した上で申し込まれた方が良いのです。

 

また羽毛布団のクリーニングの場合は特に注意が必要です。一度に大量の布団を洗う業者の場合、生地から羽毛が飛び出てしまうという事もあるのです。

 

木綿布団や羊毛布団、中でもダウン素材には元々含まれている油脂分があるため、それまでも洗い流してしまい、羽毛の弾力が徐々に失われてしまいます。そのため頻繁なクリーニングは避けた方が良いとされています。

適したクリーニング方法

しかしそうは言っても、自宅で洗えない布団は、長い期間の汗などによる大量な水分を含んでいる可能性が高いため、クリーニングに出すとフワフワ感が取り戻される場合も多いのです。

 

布団一枚一枚の素材や汚れ具合などをきちんと確認して、それぞれに適したクリーニング方法を行ってくれる業者を探すことが最も良いでしょう。

 

怖いアレルギー要因をきれいに取り除き、常に布団を清潔に保つためにも、是非一度クリーニングをお願いしてみてはいかがでしょうか。

関連ページ

布団の洗濯のやり方、注意点、頻度
おすすめの腰痛布団を紹介。ふとんで腰痛を対策すれば以前より安眠できます。腰の痛みを軽減してくれるおすすめの安眠布団の紹介と通販。
ふとんのクリーニングのメリットとデメリット
おすすめの腰痛布団を紹介。ふとんで腰痛を対策すれば以前より安眠できます。腰の痛みを軽減してくれるおすすめの安眠布団の紹介と通販。
布団のダニ対策
おすすめの腰痛布団を紹介。ふとんで腰痛を対策すれば以前より安眠できます。腰の痛みを軽減してくれるおすすめの安眠布団の紹介と通販。
快眠するための布団について
おすすめの腰痛布団を紹介。ふとんで腰痛を対策すれば以前より安眠できます。腰の痛みを軽減してくれるおすすめの安眠布団の紹介と通販。
掛け布団の選び方・大切さ
おすすめの腰痛布団を紹介。ふとんで腰痛を対策すれば以前より安眠できます。腰の痛みを軽減してくれるおすすめの安眠布団の紹介と通販。